1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 転職成功談
  3.  > 大手の研究職からベンチャーのエンジニアへ。ヘッドハンターがつないだ未來

大手の研究職からベンチャーのエンジニアへ。ヘッドハンターがつないだ未來

巖崎氏(仮名/男性/40代)

DATA

前職 大手電機メーカー 擔當部長 / 年収1100萬円
活動期間 約2ヶ月
ヘッドハンター面接數 7人
応募求人數 20社
面談社數 5社
內定數 1社

現職

ITベンチャー エンジニア 年収1100萬円

學生研究員として大手電機メーカーに入社した巖崎氏。最新技術の製品化など、數々のプロジェクトを成功させた後、新たな挑戦をするためにベンチャー企業へ転職。現在、同社のエンジニアとして活躍する巖崎氏に、これまでのキャリアと、転職活動を成功へと導いたヘッドハンターについて伺った。

転職理由

「新たな挑戦をするため」異例の昇進が決まったと同時に転職を決意

學生時代から大手電機メーカーの研究所で働いていた巖崎氏。卒業後は同研究所に入社し、最新技術を使った研究開発に挑み、博士號を取る。しかし、最新技術を駆使し開発しても、その多くはプロトタイプ(試作品)止まり。製品化して世に出るまでに10年かかることもあったという。「仕事はとても面白かったのですが、『最新技術を使ったものを自ら企畫、製品化し、世の中を変えたい』と強く思うようになりました。そこで、研究所ではなく新規事業を立ち上げるチャンスのある本社に、異動願いを出しました」

しかし、異動先である本社は10萬人以上の社員を抱える組織。新規事業立ち上げのポジションに就くのは、決して容易ではなかった。「當時30歳だった私は、40歳になるまでの10年間で、大きなチームを持ち、最新技術を取り入れた新規事業を立ち上げ、成功させると決意しました。そのために『最初の3年間で研究?開発部門のMVPを取り、その後に少人數チームのリーダーになってキャリアアップ、新規事業を立ち上げるポジションを獲得する』という10カ年計畫を立てました」

計畫通り3年後にMVPを取り、チームリーダーとなって數々のプロジェクトに貢獻した巖崎氏。その後、新規事業立ち上げや経営戦略などの経験を積むため、獨學で市場や他社の動向を調査し、戦略を立て、自身が研究?開発してきた技術を同社の最新製品に搭載するという企畫を上司に提案した。「ちょうどグループ會社から同様の企畫依頼を受けていたらしく、グループ會社へ異動することに。グループ會社はベンチャー気質が強く、提案した分だけ挑戦させてもらえました。新規事業の立ち上げだけでなく、中期ロードマップやストラテジー作り、商品の方向性決め、エンジニアとしての広報活動など、多くの経験と実績を積むことができ、10カ年計畫を完遂しました。そんなとき、會社から擔當部長にならないか、と2階級の昇進を提案されたのです」

異例の大抜擢だった。しかし、巖崎氏はこの提案を斷る。「もともとグループ會社に異動したときに、3年で研究?開発からリリースまでの業務フローを仕組み化して退職すると會社に伝えていました。それを実現させたタイミングだったので、これ以上私がここで貢獻できることはない、やりきったと感じたのです」。巖崎氏は擔當部長昇進の打診をきっかけに、新たな挑戦の場を求めて転職活動を開始した。

ビズリーチで出會った求人、ヘッドハンター

信頼?尊敬できるヘッドハンターとの出會い

新しいことに挑戦しながらキャリアアップしたいと考えた巖崎氏は、転職先はベンチャー企業と決めていたという。「以前は、ベンチャー企業に対して、技術やアイデアが革新的で素晴らしくても、最終的につぶれてしまうイメージを持っていました。しかし、ベンチャー企業は経営者同士や投資家、場合によっては大手企業などと支え合う巨大なエコシステムの一部であることに気付いたのです。しっかりと成果を出せば、仮にその會社が倒産したとしても別のベンチャー企業でキャリアアップが可能であると、ベンチャー企業の経営者やその周囲の方たちの情報からわかりました」

しかし、培ってきた技術の知識があまりにも特殊だったため、スキルよりも“経験”を重視してくれる企業を探さなければならず、企業選びには非常に悩んだ。そんなとき、ビズリーチの「CxO特集」を目にする。ベンチャー企業のCxO求人が10件以上あったので、ひとつくらい當たるのではないかと複數の求人に応募したところ、あるヘッドハンターから連絡が入り、面談することに。「面談當日、私の顔を知らないはずのヘッドハンターの方にエレベーター前で聲をかけられたときは驚きましたね。さらに、面談開始直後に『○○技術のスペシャリストですよね』と言われ、この方は応募者を徹底的に調べるのだとわかりました。そのため、私が説明せずとも私のキャリアの背景や強みを理解し、事前に企業と選考の話を進めてくれていたのです。本當に驚きました」

その後、選考は順調に進み、紹介されたベンチャー企業のエンジニアとして入社が決まった。「決め手となったのは、他社が私の専門分野に関連した業務內容を提案するなか、この會社だけが『新しい分野に挑戦したい』という私の気持ちをくんだキャリアプランを提示してくれたことでした」。巖崎氏は現在、最新のIoT(Internet of Things)技術を活用した製品の研究?開発から製品化まで、一貫して進めている。「現在はマネジメントはせず、リサーチから製品化まで一通りこなしています。部下に任せることなく、最後の仕上げまで自分で徹底的に作るのは久しぶりなので、非常に楽しいです」。仕事のやりがいについて語る巖崎氏の瞳は生き生きとして、終始輝いていた。

転職成功の鍵

まずは「職務経歴書」を書いて載せる、スモールステップから始めましょう

「転職活動を始める際は、『何のために今いる會社を出るのか』を理解し、整理すると良いと思います。そして、どんなに情報が少なくても『職務経歴書を作成する』というスモールステップから始めることをおすすめします。ビズリーチの場合、職務経歴書を登録すればスカウトや求人案內が屆きますが、その內容が自分の求めるものと違っていたら職務経歴書を見直せばいい。その繰り返しです。また、自分の経験をただ並べるのではなく、読み手に『會いたい』と思ってもらえるような內容にするため、工夫が必要です」。何のために転職活動をするのか考える、職務経歴書を作成してスカウトを受ける。この2つの行動を繰り返すことが重要であると巖崎氏は言う。

今回の転職経験から、巖崎氏は「大手企業の研究?開発職からベンチャー企業エンジニアへの転職」のロールモデルとなり、「ベンチャー企業」という選択肢があるということを大手企業の研究?開発職の人たちに発信していきたいと言う。「大手企業に長く勤めてきた人がベンチャー企業へ転職するというのは非常に勇気が必要です。しかし、実際に40代でベンチャー企業に転職した私が十分活躍できると発信していくことで、大手企業で働く研究?開発職の人たちに新たな選択肢や可能性を與えられるのではないかと感じています」

ビズリーチより

ビズリーチのご利用には會員登録(無料)が必要です

ビズリーチに無料登録して、15,500社以上の厳選企業や4,600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトを受けましょう。

新規會員登録(無料)
ログインはこちら

IT系転職成功談一覧へ

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ

24小时日本在线www