1. 転職サイト ビズリーチ
  2.  > 転職成功談
  3.  > 2年間、諦めずに行動し続けたことで手に入れた、最適な環境

2年間、諦めずに行動し続けたことで手に入れた、最適な環境

篠田氏(仮名/男性/50代)

DATA

前職 資材メーカー?管理部門?課長職 / 年収850萬円
活動期間 約2年
ヘッドハンター面接數 - 人
応募求人數 - 社
面談社數 - 社
內定數 - 社

現職

サービス會社?事業部長 年収850萬円

保険會社やメーカーの管理部門で経験を積んだ篠田氏。リーマンショック後の會社の業績悪化をきっかけに、50代にして転職を決意することになる。年齢や待遇が壁となり転職活動は長期化したものの、無事転職を成功させた秘訣について伺った。

転職理由

リーマンショックから狀況は一変。狀況を打破するために、行動を起こす

大學卒業後は、保険會社でバックオフィス業務やカスタマーセンター運営などに攜わり、直近は大手メーカー系列の下請會社で、人材採用や研修、総務関連など管理系の業務を手掛けていた篠田氏。転職を考え始めたのは、2008年のリーマンショック後のことだった。親會社の業績悪化に伴って、在籍企業の業績も悪化。翌年には大幅なボーナスカットが実施されることになる。

「売上の大半を親會社に依存している狀況もあり、會社としての將來性に不安を感じたことがきっかけになりました。萬が一リストラが行われれば、私は年齢的にも待遇的にもターゲットになりやすいでしょう。何もせずにただ狀況を見つめているよりは、まずはとにかく行動を起こそうと決意したのです」。そうして50代の篠田氏は転職活動をスタートすることになった。

ビズリーチで出會った求人、ヘッドハンター

転職活動を始めて1年半。ようやくスカウトメールが屆く

転職活動を始めるにあたって、まずは大手人材紹介會社數社とビズリーチに登録。「年齢も年齢なので、転職活動は難航するだろうとあらかじめ予想はしていましたが、やはり容易ではありませんでしたね。特に求人探しの段階で相當な忍耐を要しました」。最初に登録した大手人材紹介會社は、1年以上経っても求人紹介に至らず登録を解除。自主的に問い合わせを重ねて7件ほど求人を紹介してもらったものの、単身赴任や語學力を問われるなど、なかなか條件に見合う求人には出會えなかった。

「ビズリーチに登録しているヘッドハンターから、「これは」と思えるスカウトメールが屆いたのは、転職活動を始めてから実に1年半後のことでした。メールの內容や経歴から、信頼のおけるヘッドハンターだという印象を受けましたね。紹介された會社を調べてみると、社會貢獻性も高く評判もよい。未経験の業種でしたが、自身の経験を十分に活かせるイメージを思い描くことができました」。そこで早速ヘッドハンターとコンタクトを取り、面接を受けることに。選考には時間がかかったが、無事內定を獲得した。

転職成功の鍵

時間がかかっても諦めない。その想いが転職を成功に導く

篠田氏が転職に成功した秘訣のひとつは、希望の求人に出會うまでに時間がかかっても、決して諦めなかったということだ。「私はこれまで人材採用に関わってきましたから、採用する側の気持ちも分かります。50代の採用は待遇も高いですし、求める要素も多くなります。希望する求人に斷られたからといって、いちいち落ち込んでいては始まりません。とにかく、自分が貢獻できそうだと思う求人には、積極的にアプローチすべきだと思いました」。

そしてもうひとつは、応募?面接に先立って、事前準備をしっかり行ったこと。必ず聞かれる職歴や志望動機、活躍イメージなどは、あらかじめ情報を整理して、伝わりやすい言葉を選んで手帳に書き出したそうだ。

「実はビズリーチに登録する際に、50代という年齢でも可能性はあるのかと問合せました。そのとき、「結果はどうあれ、行動することで確実に可能性は広がります」という回答をいただいたのです。その通りだと思いましたし、勇気づけられましたね。転職活動は孤獨な戦いなので信頼できるヘッドハンターと出會えると心強いと思います。面接後に長期間結果が出ず不安になったことがありましたが、擔當してくれたヘッドハンターが定期的に狀況を共有してくれたからこそ、希望を捨てずに待つことができました」。

ビズリーチより

ビズリーチのご利用には會員登録(無料)が必要です

ビズリーチに無料登録して、15,500社以上の厳選企業や4,600名以上の優秀なヘッドハンターからスカウトを受けましょう。

新規會員登録(無料)
ログインはこちら

経営?事業企畫転職成功談一覧へ

転職が決まりご報告いただいた方にはお祝いを用意しております。

ページ先頭へ

24小时日本在线www